GENSEKIマガジン

モノづくりを広げる・支えるメディア

アイデアを活かすためには「好き」をエネルギーにする。さいとうなおき先生「合体縛り」イラコン選考レポート

 

イラストレーター・さいとうなおき先生が審査員の「縛りイラコン」、今回のテーマは「合体縛り」! さまざまなものを「合体」させた作品が多数集まりました。

アイデアをアイデアで終わらせないためには……? 作者の得意を活かした作品がたくさん見られる選考レポートです。

 

▼結果発表はこちら

審査員
さいとうなおき(X:@_NaokiSaitoYouTube
イラストレーター・ユーチューバー。
1982年生まれ。山形県出身。多摩美術大学卒業後、ゲーム会社を経て現在フリーランス。『ポケモンカードイラストレーター』。
YouTubeチャンネル登録者130万人以上を記録。『お絵描き上達テクニック』などの情報も発信中。

インタビューした人
中村紘子
GENSEKIのイラスト案件の進行管理・品質管理を行うイラストディレクター。

 

【大賞】この人にしか描けないと思わせる不思議な魅力

椿とバラ/幼川
【合体させたモチーフ:花+少女】

さいとうなおき先生
大賞は幼川さんの「椿とバラ」です!

とにかくびっくりした作品でした。花と少女を合体させるとしたら、大抵はわかりやすく擬人化させると思うんです。幼川さんは、それをほぼ花のまま描いていて、それ自体はキャッチーなアイデアではないのに、不思議と惹かれるものがある。すごい絵を描いたな、という驚きがありました。

 

中村
一歩間違えると不気味になりそうなのに、美しさを感じるのがすごいです。

 

さいとうなおき先生
美しいですよね。絶妙なバランスです。
言葉でこの絵を説明されても絶対想像できないような絵というか、この人にしか描けなさそうな絵だと思います。

 

中村
背景にもいろいろ描かれていてずっと見ちゃいますね。

 

さいとうなおき先生
もっとこの方が描く絵を見たいと思わせられました。すばらしいです。

 

 

【佳作】好きや得意が光る6作品!

同期率99%!合体成功!!/マエコ
【合体させたモチーフ:女の子+メカ】

さいとうなおき先生
この作品に関してはもう言葉はいらないかなと思います。
少女とロボットの合体というのは、昔から語り尽くされた世界観ではありますよね。ただ、この作品からは「好き」が溢れ出ています。

 

中村
好きじゃないと描けないイラストだと思います……!

 

さいとうなおき先生
好き度でいえば他の作品を圧倒しているんじゃないかと思います。だからこそ、流行にあわせにいっている感じではない、ちょっとした古めかしさもいいですよね。「俺はこれが好きなんだ!」という(笑)。そのエネルギーと勢いに選ばされました。

 

お買い物/com
【合体させたモチーフ:金魚鉢+人間】

さいとうなおき先生
金魚鉢と人間を合体させるという得も言われぬ気持ち悪さが、シュールレアリスム的というか……。裏に何か強い主張があるんじゃないかと勘繰らせる不気味さがいいですね。

絵自体はすごくさわやかな色味で、水の透明感も表現されていてすがすがしさすらあるんですが、めちゃくちゃ気持ち悪いんですよ(笑)。

 

中村
ちょっと怖いですよね。

 

さいとうなおき先生
こういうモチーフの組み合わせと雰囲気で怖さを出すって、あまり思いつかないかもしれません。これは発見でした。

 

中村
comさんの作品一覧を見ると、他にも同じような雰囲気の作品を描いていらっしゃるみたいですね。

 

さいとうなおき先生
不気味な世界を描くのが向いている方なんでしょうね。さわやかな不気味さです。

 

Street corner/HANNA
【合体させたモチーフ:台南+制服】

中村
こちらは、「台南の伝統的な建物が並ぶ風景と、その地域にたくさんあるカトリック学校の制服」を描いた作品だそうです。

 

さいとうなおき先生
こちらの作品は、無理に何かを合体させるのではなく、すでに融合されたものを選んできたのがおもしろかったです。日常の中にある融合を自然に表現できているのがすごいと思いました。

たぶん新しいものと古いものが混在した不思議な街なんだと思います。もともとあるそういったモチーフを選んだことに、HANNAさんのセンスの良さを感じました。

 

中村
自分で選んだものを合体させて描いている作品が多数だったので、こういう発想もあるのかという気づきがありました。

 

さいとうなおき先生
別段変わったものを描いているわけではないのですが、着眼点の良さが光った作品でしたね。

 

にゃす/帽子花
【合体させたモチーフ:茄子+猫】

さいとうなおき先生
合体モンスター系はいろいろ応募されていましたが、もう「にゃす」に全部持っていかれた感じですね(笑)。植物のへたを顔にするアイデアって中々出てこないと思います。

 

中村
確かに、へたは帽子のようにする方がパッとイメージされます。

 

さいとうなおき先生
白茄子、長い茄子、丸い茄子とバリエーションがあるのも良いですよね。

わりとこういうキャラクターって、アイデアは良いんだけど……で終わってしまいがちなんです。その中でこちらの作品は、背景の葉っぱなどもしっかり描くことで、絵としてのおもしろさも実現できています。ゆるく見えて意外と高度な見せ方をしていると思いました。

 

中村
「にゃす」、シンプルな破壊力もあり強かったです……!

 

お掃除中/ネコさんじゃ
【合体させたモチーフ:アヒル+お掃除】

さいとうなおき先生
かわいい。デフォルメの仕方がうまくて、後ろの箱に入っているアヒルも絶妙にかわいいです。
また、工業製品のような真っすぐなものにも、ちょっとカーブをつけて丸みを持たせていたり、陰影も線を引かずに色だけで分けて、柔らかい印象にしています。かわいくみせる工夫がわかっている方だなと思いました。

 

中村
本当にかわいいですね!

 

さいとうなおき先生
ただ、アヒル農法から着想を得たとのことなので、窓拭きではなく害虫のお掃除をしていてほしかったです。あえてずらして面白くなる場合もあるのですが、こちらの作品についてはせっかくの意図が伝わらなくなってしまうので、ちょっと惜しかったです。
ネコさんじゃさんなら、農業女子みたいにしてもかわいく描けるだろうと思いました!

 

ぽかぽかゴーストハウス/こるくあ。
【合体させたモチーフ:オバケ+ぬくもり】

さいとうなおき先生
まず「オバケ×ぬくもり」という字面にくすっと来ました。でも、ウケを狙っているわけではなくて、真剣に描いているのがまたおもしろい。奥で暖炉がすごく燃えていたり、暖かみを出しすぎて「もう熱いだろ!」というか(笑)。

 

中村
そう言われてみるとオバケたちも、ものすごくぎゅっ! と集まっていますね。

 

さいとうなおき先生
こるくあ。さんの天然さが出ているんでしょうね。謎の魅力がありました。

このイラストも好きですし、きっとこの方のキャラクター性も好きだろうなと思います。狙ってこの魅力は出せないと思うので、大事にしていってほしいです。

 

総評

中村
「合体縛り」は、いかがでしたか?

 

さいとうなおき先生
いろんな合体が見れて楽しかったです。

このテーマは、アイデアが先に出てきやすいですよね。でもその結果「描く」という部分がお留守になってしまいがちなのかも、と思いました。そんな中で、もともと描きたいものがある人の作品がそこを超えてきていましたね。

 

中村
なるほど……!

 

さいとうなおき先生
たとえば、帽子花さんの「にゃす」はワンアイデアっぽく見えるけど、力の抜けた何かを表現をしたいという気持ちがもともとあって、そこに合体というものを当てはめてきたんだろうと思います。HANNAさんも、普段見ている景色に新しいものと古いものの合体を見出していたし、マエコさんもゴテゴテしたメカがきっと好きでしょうし。

たぶん賞に選ばれた方々は、普段と違ったものを描いていないのではないでしょうか。

 

中村
今回は、自分の得意を出した人が強かったということなんですね。

 

さいとうなおき先生
もちろん、普段描かないようなものに挑戦するという方向性もあります。ただ、アイデアは浮かんだけど「別にコレ、描きたくないな」と途中で気づいた人もいたんじゃないでしょうか?
結果的に、好きパワー」から生まれるエネルギーの高さや、普段からの着眼点がものを言った感じがしました。

 

中村
普段から好きを追求することの大事さに改めて気づかされました。
今回も新たな発見をありがとうございました!

 

【定期開催】さいとうなおき先生の縛りイラコン

さいとうなおき先生の“縛り”イラコン! 6月の縛りは「おじさん縛り」
 

 

執筆
GENSEKIマガジン編集部