GENSEKIマガジン

モノづくりを広げる・支えるメディア

【イラスト添削#5】キャラクターイラストの見映えをさらに高める!クオリティアップの具体的な方法


こんにちは! GENSEKIマガジン編集部です。今回はご好評いただいているgreen322先生の添削連載企画、第5弾です!

green322先生に イラストの添削をしてほしい人募集! 』でご応募いただいた作品を、実際に先生に添削していただきました!

green322先生プロフィール

Twitterで13万人以上のフォロワーをもつ人気イラストレーター。
美術系大学卒業後中学校の美術教諭として勤務、退職後イラスト制作会社でアートディレクターとして作品の品質管理を担当。
その後ゲーム開発会社でのイラストレーター勤務を経て、現在フリーのイラストレーターとして活動中。

 

かしきなさんのお悩み

今回の添削対象は、かしきなさんのこちらのイラストです。

 

ー今回のイラストで自分が思い通りにいかなかった点、特に気になっていてフィードバックがほしい点を教えてください。

『かわいい女の子×美味しそうな食べ物』をテーマに描きました。
イチゴを擬人化した女の子の周りにスイーツを散りばめたい! と思って描き始めたのですが、パッとしない構図になってしまったと思っています。
目を引く構図の作り方、描き方のテクニックなど教えていただきたいです。

 

ー普段、イラストを作成する上で困っていること、悩んでいることはありますか?

キャラクターの髪の塗り方、服の影付けが単調になってしまうのが悩みです。
また、食べ物の描き方は色々なメイキングを見ながら試行錯誤しているのですが、もっと美味しそうに見せたいと思っています。

 

ー目指している絵柄や作家さんはいますか?

藤ちょこ先生(Twitter @fuzichoco)、和錆先生(Twitter @wasabilabel)です。

 

【添削ポイント】情報も構図も◎、あとは全体の質をアップしていこう

かしきなさん、この度はご応募いただきありがとうございます!
今回添削に出していただいたイラストですが、まず『イチゴの擬人化』という独特の視点が面白いです! 描きたいテーマがあって創作があとからついてくるというのは、イラストを描く上で理想的な進め方です。
イラストを見ても、描きたいものがあふれているのがよくわかって素敵です……!

 

構図でお悩みとのことですが、このイラストの構図はある意味、キャラクターイラストの王道とも言っていいものです。
キャラクターイラストはまずキャラクターに目が行くのが大前提ですので、今回選ばれた構図で問題無いと思います。キャラクターを中央に配置してバランスをとることで、どうやってもキャラに目が行きますよね。

 

では、その問題ない構図でさらにもっとイラストをよくするにはどうしたらいいかというと、前述の「バランス」を取ることです。
髪の塗りや影など、他のお悩みと合わせて全体的にバランス調整をさせていただきましたので、詳しく見ていきましょう。

イラストの「顔」になる部分は最後までこだわって


イラストの内容は情報量も十分で、充実しています。ですので、あとは
全体をひとつひとつ丁寧に描き、質を高めていけば大丈夫です。
キャラクターの体の傾きに合わせた「遠近感」をもっと意識してみましょう。
髪のリボンやスカートの形といった部分など、もう一歩踏み込めると、一気に質が上がり見栄えのするイラストになります。

 

特にお顔はイラスト全体にとっても「顔」と言える部分です。
極端に言ってしまうと、他の部分が多少おざなりになったとしても、お顔のバランスは最後の最後まで粘ってこだわりましょう
キャラクターイラストにおいて、お顔はそれくらい重要です……!

「頭頂部~目:目~あご」=5:4ぐらいが可愛くなりやすいバランスですので、頭の形とその比率に合わせて正中線のガイドを取り、顔のパーツの位置を合わせます。
髪型のモコモコ感が可愛いので強調し、頭部と身体のバランスがより可愛く感じられるようにしています。身体については、手をより華奢に見えるよう小さくし、腰のくびれと腕との前後感を強調しました。

 

また、パッと見たときに陰影の描写が全体的に少ないと感じましたので、影の付け方にも少しふれておきます。
下を向く面=影が落ちる部分を確実に暗くしておくことで、絵にメリハリが出ます。
首の下、胸の下側、スカートの陰になる足の部分など、形をイメージしながら陰影を積極的に描くことを意識してみて下さい。パーツ一つ一つに説得力も出ますし、イラスト全体の密度も上がって見栄えがするようになりますよ!

 

 

上記を添削したものがこちら!

ビフォーアフター

 

【さらにひと手間】仕上げでもっとキャラクターを輝かせよう!


前述したように、このイラストは描きたい要素の量は充分でしたので、モチーフなどは増やさずにキャラクターをもっと引き立たせてみましょう。

淡い中間色で平面的な記号などを入れて画面をにぎやかにし、絵に使っていない色をグラデーションで淡く入れることで、目立ちすぎずに色数も増やすことができます。

 

また、顔に近い髪の部分に、ぼかしブラシで肌色をのせて透明感を出しました。
【覆い焼き】レイヤーを60%前後で追加し、明るい色やツヤ感も強調します。
こうすることで細かく描きこんで密度を増やしていた髪のハイライトがより映えて、より顔周りに目が行きやすくなります。

最後に、【トーンカーブ】でキャラクター全体の色を鮮やかに引き締めました。

ビフォーアフター

 

添削完了!

添削を加えたイラスト

 

元のイラスト → 添削経過 → 添削完了の変化

【総評】あと一歩全体のバランスや顔にこだわって、大きく羽ばたこう!

かしきなさんは構図にお悩みとのことでしたが、構図選びは正しかったので、ではさらにキャラクターイラストとして目を惹き、質を上げるには? という点に絞って添削をさせていただきました。

繰り返しになりますが、イラストの内容はとても充実していると思います!

 

あとは全体のバランス、特にお顔にこだわりつつ、今回の添削のようなポイントひとつひとつを丁寧に描いていってください。これからも楽しんで制作されていけば一気に化ける瞬間が来るだろうなと感じましたお互い頑張りましょう!

 

添削イラスト募集中!

この連載では、green322先生にイラストの添削をしてほしい人をまだまだ募集しています!

元のイラストの良さはそのまま活かして、さらにクオリティを上げるポイントが満載の、学びの多い添削です!

△△応募はこちらから△△

皆さまからのご応募お待ちしております✨

 

添削担当

green322 (twitter @green322green

 

添削イラスト応募者

かしきな (twitter @kashikina

 

有名イラストレーターの技を学べる!PSDデータ販売中

GENSEKI PSDギャラリー | プロのワザのぞいてみませんか?PSD販売中
 

編集

kaoTwitterHP